設備やサービスで選びたい夜行バス

シートについた各種設備が魅力

最近の設備が充実したバスの中には、バスの広い空間を2列シートにすることで、ゆったりと座れるシートが魅力なバスがあります。そのシートは、最大で約140度までリクライニング可能ですので、心地良い気持ちで眠れます。一人ひとりの空間はシェルと呼ばれていますが、シェルないには、数々の嬉しい装備が用意されています。寝ながら見られるプライベートモニターでは、テレビを楽しめるのはもちろんのこと、映画や音楽、ゲーム、オーディオブックなどを楽しめます。靴を収納するスペースや上着掛け、テーブル、ドリンクホルダー、鏡などまで設置されていて至れり尽くせりの装備となっていますので、長い夜の旅でも全く退屈することもないです。

バスの中で、スマホやパソコンにてインターネットし放題

夜行バスの中には、車内に無線LANが完備されているバスもあり、車内でスマホやパソコンでインターネットを視聴可能です。100ボルトのコンセントが各席に装備されていますので、スマホやパソコンの電源が切れてしまう心配もありません。バスによってはUSB端子がついているものもあり、USBからスマホやタブレットの充電も可能です。充電ケーブルを忘れてしまった場合には、バス会社からUSBコネクタと1本7役充電ケーブルも貸し出してもらえます。車内でインターネットが利用できれば、動画閲覧しながら時間を潰せますし、お仕事をする人にも助かります。
夜行バスは、トイレ付きの夜行バスがあります。途中に休憩ポイントがあったとしてもトイレに行きたくなることはあります。特に子供づれの場合にはトイレ付きのバスは助かります。